yahoo オークション 九代 大樋長左衛門 黒楽茶碗

楽茶碗、大樋長左衛門

九代 大樋長左衛門 黒楽茶碗 (即中斎書付)出品中です。

 

 

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b1004312705

 

九代大樋長左衛門 略歴

1901年 石川県に生まれる。本名を長次郎、名を長左衛門、号を陶土斎。

1917年 石川県立工業学校窯業科を卒業後、父に師事。

1923年 金沢市東山公園麓の松林の中に工房「芳土庵」を設ける。

1925年 九代大樋長左衛門を襲名。大徳寺488世全提要宗より「大樋」印を授かる。

1930年 宮中、大宮御所の茶室用品の御用命を受ける。

1935年 宮中、大宮御所、秋泉御茶室用御茶碗の御用命を受ける。

1936年 茶碗12ヶ月作陶展を開催。

1940年 内閣総理大臣・近衛文麿より自筆の「長左衛門」金印を授かる。

1942年 工芸技術保存作家の指定。

1958年 日本工芸会正会員。

1973年 日本陶芸展に推薦招待され数印黒楽茶碗を出品。

1977年 裏千家十五代鵬雲斎宗室より「陶土斎」の号を授かる。

手捏ねによる樂焼本来の伝統的手法を忠実に守りつつも、黒幕釉(黒釉の二重掛け)を創案し、高い評価を受ける。

 

Categorised in: